それは保証人になるひとの立場からすると当然のことです

-

-

自己破産を考えている人で抱えている返済義務にあたりその保証人となる人を立てている場合には早い段階で相談しておいたほうがよいでしょう。MVNOの通信速度について比較する

もう一度、改めてお勧めしますがほかに保証人が存在する場合は自己破産の前段階によくよく検討しなければなりません。ロスミンローヤル 効果 なし

その理由は今あなたが破産手続きを取って受理されるとその保証人がそれらの返済義務をすべて払う義務が生じるからです。

破産手続きの前段階で保証人である人に、詳細や現状を報告して、謝罪をしておかなければなりません。

それは保証人になるひとの立場からすると当然のことです。

借金をしたあなたが破産の申告をするために自動的に多額の負債が回ってくるのですから。

それ以降の保証人となる人の行動の選択肢は次に示す4つです。

一つめは、保証人が「すべて支払う」ことです。

保証人がいつでも多くの負債を苦労することなく支払うことができるほどのようなキャッシュを用意していれば、この手段を取ることが選択できます。

でもむしろあなたは破産の手続きをせずにその保証人に借金して今後は保証人自身に毎月返済するという解決策もあるかと思います。

保証人がもし自身と信頼関係にある場合は、いくらか弁済期間を長くしてもらうことも可能かもしれません。

いっしょに弁済不可能でも業者も話し合いにより分割での返金に応じるものです。

あなたの保証人に破産手続きされてしまうと、カネがなにも弁済されないことになるからです。

また保証人が債務者の借金を全部立て替える経済力がないなら、あなた自身とまた同様にある中から債務の整理を選択しなけばなりません。

2つめは「任意整理」です。

この場合貸した側と話し合いを持つことで、5年以内くらいの期間で弁済していく方法になっています。

実際に弁護士事務所に依頼する場合の経費は債権者1社ごとに約4万円。

合計7社からの債務があるとしたら28万円ほどいります。

必要な相手方との話し合いを自分でやってしまうこともできますが法的な知識がない素人の場合債権者側が自分たちに有利な条件を勧めてくるので注意しなければなりません。

また、任意整理を選択するとしてもあなたの保証人に借り入れを負担してもらうわけなので、借りた本人はたとえ少しずつでも保証人に返済を続けていく必要があるでしょう。

次はあなたの保証人も返せなくなった人と同じように「破産申告する」という選択です。

その保証人もあなたと同じく自己破産をすれば、あなたの保証人の義務も消滅します。

ですが、あなたの保証人が不動産などを持っているならばそれらのものを没収されますし、資格制限がある職務にある場合影響を受けます。

その場合は、個人再生を検討することができます。

最後に4つめですが「個人再生という制度を利用する」方法についてです。

マンション等の不動産を残したまま負債整理を行う場合や破産では資格制限がある職にたずさわっている人に検討していただきたいのが個人再生による処理です。

個人再生なら住居する不動産は処分しなくてもよいですし破産手続きのような職業の制限資格に影響する制限がかかりません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.laraimunda.com All Rights Reserved.