言えば計算方法にはおおくの形式というものがあったりします

-

-

カードローンなどの返済方式は、ローン会社の方針によってかなりギャップというものがありまして、多様な方法が採用されてます。

類型的には残高スライド方式やリボ払方式が多いみたいです。

そしてかくのごときほとんどの人が知っているリボルディング払ですが実を言えば計算方法にはおおくの形式というものがあったりします。

ゆえにそんな法によっては返済合計額が異なってきてしまうので、理解することで損することはないと思います。

では易しくそれぞれの手法のギャップに関してを説明しましょう。

最初は元金均等払いというもので、次は元利均等払いです。

それぞれその名を冠する通り、元本についてを一様にして払っていくというのと元金と利子に関して全部で均等に返済していく手法です。

今回は10万円をカードローンをしたと仮定して、実際上いかなる算定をするかみてみましょう。

利率に関しては双方とも15%と設定し算定します。

またリボルディングに関する支払を1万円と設定し試算します。

最初に元金均等払いからです。

こういう事例の1回目の引き落しについては1万円へ利子分の1250円を足した引き落としになります。

次回の返済に関しては1万円に利率の1125円を足した引き落とし額になります。

こういうようにして10回にて支払いをお終いにするといった手法です。

一方元利均等払いは初回の引き落しは1万円ですが元金へ8750円、利子に1250円といった具合で割り振るのです。

2回目の支払は元本が8750円へと減少した状態で金利を算定し、1万円から再び割り振りをします。

別言すれば元利均等払いの事例では10回で支払いが終わらない算定になります。

これだけのへだたりで二方がどれぐらい相違しているのかたっぷりとわかってもらえたことかと思います。

元利均等というのは元金均等と比肩し、はっきりと元が減少していくのが緩やかというウイークポイントというものが存在するのです。

すなわち利率を余分に払うといった状況になります。

他方最初の返済が少額で済んだと言う長所も存在したりします。

かような支払い方式についての相違に応じて支払金額というのは相違してきたりしますからあなたの返済計画に合う方法を取るようにしていってください。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.laraimunda.com All Rights Reserved.